病児保育所 求人



病棟保育士求人 募集 情報の探し方



病児保育所ってどんな施設?

病気のため保育所に預けられない子供を一時的に預かる施設

「病児保育所の求人があれば働いてみたい」と考えるあなたにとって、病児保育所がどんな施設か気になりますよね。

病児保育所とは、病気のため保育所に預けられない子供を一時的に預かる施設です。子供が病気でも休めない『共働きの家庭』や『シングルマザー』が利用できます。

病後児保育という言葉もありますが、病後児は「病気は治っているけれども回復期の子供」を指しますね。

最初は病後児が対象の保育施設が基本でしたが、病児保育のニーズが高く、現在は病児保育所に対応している施設が増えているようです。

病児保育、病後児保育ともに厚生労働省の「乳幼児健康支援一時預かり事業」となっています。国から補助金が支給されている事業ですね。

施設数は少なく、全国に850ヵ所というデータが見られます。保育園全体で23,000ヵ所と言われていますから、約3%ですね。

しかし東京のような人口の多い都市を中心に、一定の保育士求人が見られますから、まずは転職サイトを活用すると良いでしょう。

託児を希望する親の立場として考えると、病児保育所のニーズは非常に高いです。

仕事をしている親にとって、正社員であればパート勤務であれ、

「子供の病気による突発的な休み、そして休まないといけない期間が思ったよりも長く続く」

事は悩みの種、といって良いです。

仕方の無いことなのではありますが・・・そうした時に少し回復してきた子供を預けて仕事に出られたら良いのに、という事は実際あります。誰もが両親が近くに住んでいて子供を預けられる訳ではありませんしね。

ですから、今後自治体の取組みとして病児保育に対応した保育所が増える地域が出てくる可能性はあるのでは、と思います。

病児保育所の専門資格

病児保育所で働くにはどうしたら良いの?

保育士求人があれば病児保育所で働くことが出来ます。

しかし「病児保育専門士」や「認定病児保育スペシャリスト」の資格を取得する方が、専門家として自己PRしやすいですね。

病児保育専門士の受験資格は、保育資格と2年を超える実務経験なので、今までに実務経験があればチャレンジできます。

認定病児保育スペシャリストは受験資格が無いので、病棟保育専門士よりも間口は広いでしょう。

病児保育所は求人数が少ないため、積極的な転職活動(就職活動)が大切ですが、そんな少ない求人に応募する保育士が多ければ、上記のような資格を取得する方が有利です。

あとは焦らず、長期的に仕事を探すことでしょうか。

病児保育所の施設形態

病児保育所の施設形態としては…

・医療機関併設型
・保育所運営型
・単独型

に分かれますね。

特に多いのは医療機関併設型です。小児科などの病院に併設された施設ですね。定員4~5名と小規模が多く、病院内の一室を提供していたり、近隣のマンションの一室で保育を行うこともあります。

看護師と保育士が連携した託児施設なので、安心して働けるのではないでしょうか。

元気な子供ではなく病児保育ですから、急に体調が悪化する可能性もありますし、その際、近くに看護師や医師がいれば、すぐに連絡も出来ますよ。

保育所運営型は主に保育所が運営しています。単独型は病児保育単独で運営されている施設ですね。運営母体も様々です。

また、施設型と共に訪問型の病児保育もありますね。その場合は保育士が病児の家庭を訪問する形になります。

以上、病児保育の施設形態についてお伝えしました。

【関連記事】
病棟保育士 求人 大阪
病棟保育士求人が少ない理由
病児保育専門士

  • 病棟保育士求人 募集 情報の探し方
  • TOPページ

「病棟保育士求人 募集 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。