病児保育所 求人



病棟保育士求人 募集 情報の探し方



病児保育所のタイプ

病児保育所にはどんなタイプがあるの?

病児保育所のニーズは非常に高いです。

共働きの家庭やシングルマザーの女性はなかなか仕事を休めません。

休みやすい職場もありますが、シフト制の職種だったり、その日重要な会議が入っていれば、急な休みを取りづらいんですよね。

しかし子供が風邪などの病気に罹れば、祖父母や親戚に面倒を見てもらったり、親戚以外の第三者に預ける必要があります。

緊急の病気や怪我は別でも、「ちょっと熱っぽいかな…」という時や、病気から回復しかけている状況(病後児)なら、誰かに預けて出勤するのが妥当ですね。

そのような背景から病児保育所の需要は高くなっていますし、施設タイプとして以下がありますよ。

・医療機関併設型
・保育所運営型
・単独型

上記のうち、最も多いのが医療機関併設型です。

医療機関併設型とは、病院などの医療機関が運営する病児保育所ですね。

院内に保育ルームを備える病院もあれば、病院の近くで託児施設を構える病院もあります。

いずれにしても、医療機関併設型なら安心して働くことが出来ますよ。

病気の子供を預かるのって不安がありますし、元気な子供の保育とはやはり違います。

しかし医療機関併設型なら、すぐに医師や看護師に連絡できますし、適切な指示を受けられるんですよね。

病児保育所を備える病院の多くが、個人経営のクリニックではなく、大規模な総合病院や大学病院です。小児科外来もあると思いますので、ケースバイケースですぐに子供を連れて行けるのではないでしょうか。

病児保育所に子供を預ける保護者にしても、そのような安心感は大きいですし、働く私たちにとっても心強いですね。

保育所運営型と単独型

次に保育所運営型ですが、言葉通り保育所が運営する施設です。

保育所内で子供を預かりますが、症状の悪化などがあれば、その保育所が運営する病児施設に預け先を変えることが出来ます(確認の電話だけで済むようです)

病児の保護者にとって、医療機関併設型と共に安心して預けられる形態ではないでしょうか。

働く私たちとしても、医療機関併設型と共に安心して働きやすいですね。

最後に単独型ですが、NPO法人や企業などが運営する病児保育所です。

医療機関併設型と保育所運営型は施設タイプが多いですが、単独型に関しては訪問サービスが多いようです。

保護者の中には、「子供を病児保育所に連れて行く時間がない…」と悩んでいる方もいます。

子供を連れて行くと会社に遅刻してしまう、大事な会議があって絶対に遅刻できない、という状況もありますし、その場合はNPO法人が運営する単独型の利用を考えるのではないでしょうか。

病児保育所の求人は非常に少なく、中でも「単独型の募集が最も少ない」と思われますが、東京を中心に求人が出されることもありますので、保育士転職サイトで確認して下さいね。

医療機関併設型、保育所運営型、単独型、いずれも仕事探しのタイミングが合えば、早期に求人が見つかるチャンスはあります。

しかし『病児保育所は保育園全体の3%』というデータもありますので、焦らず、時間をかけて探してみてはどうでしょうか?

病棟保育所、院内保育所まで幅を広げれば、よりスムーズに仕事が見つかる可能性が高くなりますよ。

【関連記事】
病棟保育士 求人 大阪
院内保育所は夜勤手当が付くので高収入が期待できる
小児病棟で働く保育士

  • 病棟保育士求人 募集 情報の探し方
  • TOPページ

「病棟保育士求人 募集 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。