小児病棟 保育士 仕事内容



病棟保育士求人 募集 情報の探し方



入院中の子供たちとって重要な役割を担う病棟保育士

病棟保育士として働くためには保育士資格が必要

小児病棟の保育士求人・募集をお探しの保育士さんも多いと思います。

入院中の子供たちが子供らしい生活を送るために重要な役割を果たす専門職として、病棟保育士が注目されています。

少し前になりますが、2002年度から病棟保育士加算が導入されてから、小児病棟における保育士の採用が増えてきています。

子供が子供らしくあるためには、やはり専門職のサポートが重要です。

病院で働く医師、看護師、薬剤師などの医療スタッフは忙しいですし、保育の知識は持ち合わせていない場合が多いでしょう。

長期にわたる入院を余儀なくされるお子さんもいます。

そうした子供達が成長するための手助け・サポートをし、病気などについての不安もケアしていくという重要な役割を果たすのが病棟保育士です。

通常の保育園勤務の保育士よりも、子供達の精神面のサポートが重要と言われます。
病気についての知識も必要です。

ですから病棟保育士として採用されてからも、日々勉強が大切と言われます。

主な職場としては、大学病院です。
小児病棟のある病院が職場となります。

将来的に病棟保育士を目指したい、夢としてお持ちの方もいらっしゃると思います。

病棟保育士として働くためにはまずは保育士資格が必要となりますから、保育士資格の取得を目指す事になります。

小児病棟で働く保育士の仕事内容

小児病棟で働く医療保育専門士 として働くことを目標とされている保育士の方も多いと思います。

小児病棟を主な職場とし入院中の子供たちへの遊びの提供、当然ですがプレイルームに来ることが出来ない子供たちもいますから、病室へ個別対応で保育を行うこともあります。

子供たちに合わせた活動内容となります。

子供たちの病状、発達段階などに合わせて活動内容を考える必要がありますから小児に関して、病気に関しても自ら勉強熱心でなければ厳しい仕事といえます。

おやつの介助や遊び、接する時間の中気付いた子供達の体調変化なども看護師や医師とも連携が重要になってきます。

また家族への支援も重要な病棟保育士の仕事です。
時には子供たち以上に不安、悩みを抱えていることもありますから保育や支援を通して子供の様子を伝えたり、子育てに関しての保護者からの相談に乗り寄り添う事も大切な仕事となります。

直接、医療行為には関わらないものの、子供たちの病状に合わせた保育内容を考える必要もあります。
子供たち一人ひとりが違う病状、といえますので常に勉強が欠かせない仕事であるともいえます。

稀少な病棟保育士求人

病棟保育士になるためには、数少ない応募の機会を待つ事が重要です。

小児病棟で働く保育士として就職するためには、とにかく求人募集へ応募する機会を逃さないことが大切となります。

元々の人数が少ないですし、仕事に対して大きなやり甲斐を感じている保育士も多いので、離職者も少ないと言えます。
(今、病棟保育士として働いている方達も、やっと仕事に就いた!という人が多いです)

そのため、小児病棟の保育士募集はとても稀少です。

多くの保育士は、保育園などで働きながら求人への応募のチャンスを待つことになります。

新卒でいきなり病院勤務は難しいのが現状です。
まずは保育士としてキャリアを積むこと。
つまり、通常の保育園に勤務をして保育士として数年は経験を積む事がまずは必要といえます。

その間に、本気で病棟保育士として働く事を目指すのであれば、医療保育専門士の資格取得も検討されても良いかもしれませんね。

当然のことながら、医療保育専門士としての資格が認定されれば、より就職しやすくなります。

採用する病院側としても医療保育に関して既に知識を持っている保育士の方が歓迎ですよね。

普段から応募の機会に備え、情報に対してアンテナを立てておくことが重要と言えます。

病棟保育士求人 関連記事

病棟保育士 求人 大阪

病棟保育士 求人 東京

希少な病棟保育士求人の情報を探すことが出来る保育士求人サイトをご紹介しています。

  • 病棟保育士求人 募集 情報の探し方
  • TOPページ

「病棟保育士求人 募集 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。