院内保育所 医療保育士



病院 保育士募集、求人 情報の探し方



病院にある保育所の役割

医療保育士は需要(求人)が少ないのが現状

医療保育士(病棟保育士)になりたい、病院で働く保育士になりたい!

と思うきっかけは色々あると思います。

病院にも保育所が設置されていますが、その数は徐々に増えています。
保育士として通常の保育園で働きながら、そうした病院内保育所への転職の機会を探している方もいらっしゃるでしょう。

よりやり甲斐を求めてであったり、将来的に病棟保育士になりたいのでまずは病棟保育を行っている病院に入り様子を見たかったなどといった理由の方もいるかと思います。

病院にある保育所の役割、対象について再確認になりますが、

・病院の医療従事者(看護師・医師など)の子どもを預かる保育所
・入院している子どもを預かる保育所

の2つが主に該当します。

前者の「病院の医療従事者(看護師・医師など)の子どもを預かる保育所」の場合には、夜勤のある看護師や医師のために24時間託児できる場合も多いです。

こうした院内保育所の求人募集に応募するときには、自分の体力や夜勤シフトで働いていくことが出来そうか、といったことも考える必要がありますね。

夜勤手当が付きますから、少しでも高収入を得たい、という場合にも夜勤ありのこうした院内保育所の求人も検討してみても良いかもしれませんね。

後者の「入院している子どもを預かる保育所」に関しては、働きたい、なりたい保育士が多い一方で需要(求人)が少ないのが現状です。

転職を希望してもすぐに応募できる求人が見つからない可能性が高いですから、ハローワークや保育士求人サイトを活用し、継続して保育士求人に関しての情報を集めつつ、応募の機会を待つ事になります。

実際、そうした保育士は多いですから求人に対して応募が多く、倍率が高くなることも多いです。

保育士としての経験はもちろんのこと、しっかり志望動機を作ることが大切となります。

病棟保育士になるには

これから進路を決める、という高校生も多いと思います。

子どもが好きで、さらには人の役に立ちたい、という事で職業を色々調べて病棟保育士の仕事に辿り着いた方も多いでしょう。

病棟保育士になるには、まずは保育士資格が必要となります。

仮にその時、病院で働く保育士の求人があったとしても、新卒でいきなり病棟保育士に採用される可能性は低いですから、まずは保育園に就職して保育の経験を積む事になります。

病院内における保育士の重要性が高まりつつあり、医療保育士(病棟保育士)を採用する病院は増えつつあります。

これからは今よりも病棟保育士の求人は探しやすくなるかもしれません。

対応する保育士求人サイトも増えてくると考えられます。

最近だと、医療保育士の講座を設けている専門学校などもあるようですね。

目標が定まっている場合には、こうした専門学校で学ぶのが一番の近道となりそうです。

【関連記事】
病棟保育士という職業に興味を持っている方へ
小児病棟で働く保育士

  • 病院 保育士募集、求人 情報の探し方
  • TOPページ

「病院 保育士募集、求人 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。