病棟保育所 保育士求人



病棟保育士求人 募集 情報の探し方



病棟保育所はなぜ必要なのか?

病棟保育士は病気を抱えて入院をしている子供にとって必要不可欠な存在

入院中の子供の生活をサポートする病棟保育士。

病棟保育士の役割・仕事内容は一般的な保育園の保育士と基本同じなのですが、病気を抱えていると子供を接するという事で医療に関する知識などのスキルも必要になってきます。

まず、病棟保育士の役割・仕事内容を挙げてみると、

・遊びの提供
・生活支援
・家族支援
・心のケア
・医師や看護師との連携

などの事が挙げられます。

これらの中でも特に重要な事が子供の心のケアを行う事です。

子供が抱えている不安や悩みを取り除き、安心感を与える

一般的な保育園では皆健康な子供たちばかりですが、病棟保育所では病気を抱えて入院生活を送っている子供のお世話をする事になります。

病気を抱えて入院をしている子供達は様々な不安やストレスを抱えながら入院生活を送っているんですね。

近くに親がいない、友達と遊ぶ事ができない、学校に行けない、病気の不安、など様々な不安や悩みを抱えながら入院生活を送っています。

病棟保育士は子供が抱えているこうした不安や悩み、ストレスを和らげ、安心感と安らぎを与えながら子供たちと接していかなければなりません。

遊びを通して心のケアをする事もありますし、医師や看護師さんと連携をとりながら心のケアをする事もあります。

入院生活を送っている子供たちの不安や悩みを取り除き、子供達が快適に入院生活を送るためにも保育に関する知識だけではなく、子供が抱えている病気の事やコミュニケーションに関するスキルもしっかり身に付けなければならないんですね。

親御さんの心ケアも行う

また、子供だけではなくその家族の心のケアを行う事も保育士の大事な役割になります。

親御さんも子供と一緒でずっとそばにいてあげられない不安や病気の心配を抱えているためしっかりコミュニケーションをとって不安や心配を和らげなければいけません。

今日1日お子さんがどのように過ごしたのか、どんな事をして遊んだのか、身体の調子はどうだったのか、などの事を親御さんに伝え、安心感を与えていく事も病棟保育士の大事な役割なんですね。

このように病気を抱えて入院をしている子供だけではなく、その家族にとっても病棟保育士は必要不可欠な存在になります。

  • 病棟保育士求人 募集 情報の探し方
  • TOPページ

「病棟保育士求人 募集 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。