病棟保育士 医療保育士



病院 保育士募集、求人 情報の探し方



病棟保育士と医療保育士の違い

病棟保育士=医療保育士

保育士が活躍できる職場は保育園などの保育施設だけではありません。医療業界で活躍をしている保育士さんも多くいるんですね。

医療業界で活躍している保育士を病棟保育士、医療保育士と呼び、病気を抱えて入院生活を送っている子供の生活をサポートしたり心のケアを行っていく事が主な仕事内容になります。

よく病棟保育士と医療保育士は違う職種だと勘違いされる事がありますが、病棟保育士と医療保育士は同じ職種なんですね。勤務する病院によって呼び方が変わる場合もありますが、病棟保育士=医療保育士と思って頂いて結構です。

積極的に医療や看護の仕事も覚える

病棟保育士として働く際、保育の知識だけではなく看護や医療の知識も必要になります。専門的な知識までは必要ありませんが、子供が抱えている病気についての知識など必要最低限の医療・看護の知識は必要ですね。

また、医師や看護師ともうまく連携をとる事も重要になるので、コミュニケーション能力も必要になってくるでしょう。

一般的な保育施設とは違うスキルが必要になるため病棟保育士経験がない方は覚える事が多々出てきますが、自身のスキルアップ・キャリアップを図る事ができるので積極的に医療や看護の仕事も覚えていってもらいたいと思います。

日々、心のケアを行いながら子供と接していかなければいけない

病棟保育士は医師や看護師とうまく連携をとるためにもコミュニケーション能力も必要だと先ほど言いましたが、医師や看護師だけではなく、子供やその家族ともうまくコミュニケーションをとる事も大切になります。

この事は一般的な保育施設でも必要になることですが、病院に入院している子供は病気を抱えているので接し方には気を付けなければいけないんですね。

遊びたくても遊べない子供もいるため一般的な保育施設との子供とはまた違った方法でコミュニケーションをとっていかなければなりません。

そして、子供の心のケアをするという事も病棟保育士の大事な役割になります。

先ほども述べたように病棟保育所にいる子供は病気を抱えています。病気に対する不安やストレスを抱えている子供も多く、子供に快適な入院生活を送ってもらうためにも日々、心のケアを行いながら子供と接していかなければいけません。

このように病棟保育士には様々な色々なスキルが必要になってきます。一般的な保育園と同じような考えで転職をしてしまうと後になって大変な思いをする可能性もありますので心構えとしてここでご紹介した事を頭に入れておいてもらいたいと思います。

  • 病院 保育士募集、求人 情報の探し方
  • TOPページ

「病院 保育士募集、求人 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。