病棟保育士 仕事内容・役割



病棟保育士求人 募集 情報の探し方



病棟保育士の仕事内容・役割

入院をしている子供の生活支援、心のケアをする

病院の中に設けられている病棟保育所。この病棟保育所で活躍している保育士さんが病棟保育士になります。病棟保育士は他にも医療保育士と呼ばれる事もありますね。

入院をしている子供の生活をサポートしたり、一緒に遊んだり、心のケアをして行く事が病棟保育士の主な役割になるんですね。

一般的な保育園などの保育士と違って面倒を見る子供たちは皆、病気を抱えている子供たちになるため、保育に関する知識の他にも子供が抱えている病気の事を把握するなど看護や医療の知識も必要になってきます。

病棟保育所には医師や看護師さんもいるので看護や医療の専門的な知識までは必要ありませんが、病棟保育士へ転職をする際にはある程度の看護と医療の知識も必要になるという事はしっかり把握しておきましょうね。

看護や医療の知識があれば、子供の体調が急変した時にもしっかり対応する事ができますので積極的に知識を身に付ける事は大事ですよ。

子供の心のケアをする事も病棟保育士の大事な役割

そして、病棟保育士には子供の心のケアを行うという大事な役割も担っています。

病気を抱えて入院生活を送っている子供は様々な不安を抱えています。

病気の不安や家族が近くにいない不安、学校に行けない、友達と遊べないなどのストレス、このようなストレスや不安を抱えながら生活を送っているんですね。

精神的な不安やストレスが大きいと病気にも悪影響なので病棟保育士は日々、子供が感じているストレスや不安を和らげ、精神的な負担を軽くしてあげる事も求められてきます。

一般的な保育園では健康で元気いっぱいの子供たちと接する事が当たり前ですが、病棟保育士では病気を抱えた子供たちと接する事になるので子供の病気の事や心身的な事も配慮しながら接していかなければならないんですね。

やりがいも多くある病棟保育士

上記でご紹介してきた事が病棟保育士の役割・仕事内容になる訳ですが、ただ聞いていると病棟保育士は大変だと思いますよね。

しかし、病棟保育士は仕事が大変なぶん、やりがいも多くあるんですね。

子供一人ひとりとの距離も近く、しっかり向き合いながら保育をしていく事ができます。自分が面倒見ていた子供が元気に退院して元の生活に戻る事ができれば子供からも感謝されますし、その家族からも感謝されます。もちろん、自分もこの時に「本当に良かった!」と思う事ができ、この時にやりがいを感じるという保育士さんは多いですね。

また、上記でも述べましたが病棟保育士には保育の知識以外にも看護や医療の知識もある程度、必要になります。

他の保育施設では得る事ができない経験やスキルを見つける事ができ、保育士として一回りも二回りもスキルアップする事ができます。はじめのうちは慣れない仕事になると思いますが、仕事を覚え子供の役に立つ事ができるようになったら自身の成長を実感する事ができ、この時にもやりがいを得る事ができますよ。

  • 病棟保育士求人 募集 情報の探し方
  • TOPページ

「病棟保育士求人 募集 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。