院内保育所 メリット・デメリット



病棟保育士求人 募集 情報の探し方



病棟保育士求人 募集 情報の探し方 TOPページ > 院内保育所について > 院内保育所で働くメリット・デメリット

院内保育所で働くメリット・デメリット

院内保育所のメリット

院内保育所で働くメリット・デメリットについてお伝えします。

まずメリットですが『保育士として働きやすい』があげられますね。

預かる園児も少なく、小規模な院内保育所が多いため、大規模な保育園と比較して働きやすいと言われています。

園児の数が少なければ保育士の人数も少なくなりますから、周囲の人間関係も楽ではないでしょうか。

保育士は女性が多いので、時に女性同士の派閥やグループで悩むこともありますよね…。

そのような悩みから解放されやすい、というメリットがありますよ。

また、院内保育所には運動会や発表会のような大きなイベントが少ないため、仕事の負担が軽いようですね。

大きなイベントがあれば、どうしても残業が増えたり、自宅に仕事を持ち帰ることもあるでしょう。

しかし院内保育所なら、残業少なめ、残業ほぼなしで働けたり、精神的に余裕を持てるのではないでしょうか。

求められる保育レベルも高くないと言われていますので、ブランクからも復帰しやすい職場ですね。

他にも、病院内に保育所があるため、園児の保護者と連絡を取りやすい、というメリットがあります。

保護者は医師や看護師ですから、急な怪我や体調不良にも対応してもらえますし、そのような安心感も大きいですね。

院内保育所はスペースが限られているとは言え、小さな子供なので転んで怪我をしたり、原因不明の体調不良があるかもしれません(乳児を預かる機会も多いそうです)

その際に対応しやすい、保護者に連絡しやすい、というメリットも大きいですよね。

また、院内保育所を備える病院として大学病院・総合病院が多いため、交通の便が良くて通勤しやすいと言われています。

駅チカや車通勤OKの求人が見られますし、近所に大手スーパーやショッピングモールがあれば、仕事帰りに買い物もしやすいですね。

以上、院内保育所のメリットをまとめます。

・園児の数が少ないので保育士として働きやすい
・周囲の人間関係がラク
・仕事の負担が軽い(保育スペースが限られている)
・保護者と連絡を取りやすい(急な怪我や病気にも対応してもらえる)
・交通の便が良い病院が多い

院内保育所のデメリット

次に院内保育所のデメリットですが、不規則な勤務時間があげられますね。

医師や看護師には夜勤がありますし、その時間帯に合わせてシフトに入るのが基本です。

求人内容や雇用形態によっても変わりますが、正社員の場合は月4回~8回程度、夜勤が入るのではないでしょうか。

そして夜勤が入れば、どうしても生活リズムが不規則になります。夜勤専従なら別ですが、夜勤と日勤を繰り返すとペースが乱れたり、体調を崩すこともあるので注意して下さい。

私も不規則なシフトで働いていましたが、慣れるまでに少し時間がかかりましたね。しかし一旦慣れると、自然にシフトに合わせた就寝、起床が可能になりましたので、時間が解決すると思います。

次に、子供とのコミュニケーションの問題があります。

院内保育所は一般的な保育園と異なり、同じ曜日でも預かる子供が変わることが多いです。そのためコミュニケーションを取りづらいケースがあるんですよね。

保育レベル自体は高くありませんが、コミュニケーションという難しさはありますので、ある程度保育士として経験があり、子供の対応に慣れている方が良いかもしれません。

大きな行事に携われないことも、保育士さんによってはデメリットになるでしょう。

今まで大規模な保育園で働いた経験があり、今後はパートで働きたいと考えている方は別ですが…

「保育士としてスキルを伸ばしたい。ノウハウを身に付けたい」
「将来的に園児の多い保育園で正社員として働きたい」

と考えている場合は、期間を定めて働く方が良いかもしれません。

もちろん院内保育所の経験は貴重ですし、決して無駄になりませんが、保育士さんによっては今後のキャリアを見据えながら働くことをおすすめします。

最後にデメリットをまとめますね。

・夜勤があるので生活リズムが不規則になりやすい
・園児とのコミュニケーションの難しさ
・大きな行事に携われない
・保育士としてスキルを伸ばせないことがある

【関連記事】
院内保育所ってどんな施設?
病院保育士、院内保育士の求人探し
小児科 保育士求人・募集

  • 病棟保育士求人 募集 情報の探し方
  • TOPページ

「病棟保育士求人 募集 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。