病児保育専門士



病院 保育士募集、求人 情報の探し方



病児保育専門士

病児保育専門士って?

2013年、東京都の全国病児保育協議会が新設した資格が【病児保育専門士】です。

近年、病院やクリニック併設の保育施設を中心に、病気の乳幼児を預かる施設が増えています。

通常の保育園勤務と異なる部分も多く、体調不良で不機嫌な子供や、発熱で泣き続ける子供への適切な接し方が求められますし、医療的な側面から注意を払う必要もあります。

そのようなニーズを受けて、病児保育、病後児保育など、保育と看護の両面からケアを行う専門職として創設された資格ですね。

受験資格は保育士、もしくは看護師資格が条件となっています。病児・病後児保育施設に2年以上の勤務経験も求められます。

【医療保育専門士】と同じように実務経験が求められますので、未経験の場合は現場で実務経験を積むようにして下さい。病児・病後児保育施設で働きながら、ステップアップとして取得を目指すのが良いと思われます。

学習内容は病児の観察方法などを学ぶことになりますね。講習を受けた後、レポート提出と口頭試験で認定されます。

年々応募者数が増えているので、着実に【病児保育専門士】のニーズはアップしていると言えるでしょう。将来的に行政の支援拡充を実現したいという意向もあるそうです。

共働きの世帯が増えています

時代背景として共働き世帯が増えていますので、病児保育の需要も高まっているんですよね。

子供の両親としては、「子供が病気でも夫婦共に仕事を休めない…」というシチュエーションがありますし、個人のベビーシッターに頼むのも不安ではないでしょうか。

しかし病児保育施設が増えれば安心して預けられますし、病児保育に詳しい保育士が今以上に求められる時代が来るかもしれません。

【病児保育専門士】は誕生して間もない民間資格で、まだまだ知名度が低いです。しかし施設数に対して専門士が圧倒的に足りない状況にありますから、取得することで転職が有利になる可能性がありますね。

将来性を考えても、今のうちに【病児保育専門士】を取得する方が良いのではないでしょうか。

  • 病院 保育士募集、求人 情報の探し方
  • TOPページ

「病院 保育士募集、求人 情報の探し方」について

病院保育士について、仕事や求人、就活について掲載しています。

医療や保育に特化した就職サイト、転職サイトも増えてきていますから、そういった就職サイトもしっかりと抑えておきたいですね。

また、医療の知識を身につけるために保育士資格を取得した後、看護学校へ通う方もいらっしゃいます。